読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペットロス †_(´•ᴥ•`*)β.。.:*・゚16y/6m/4d/15h/40mi

ペットロス/愛犬とのお別れの 記録 ♡´•ᴥ•`♡

さよなら ろぼちゃん

日曜日 晴れて天気も良く

春を感じる日🌸🌸🌸

 

ろぼちゃんを火葬した お寺さんに行ってきました

お位牌に 手を合わせたあと

はじめて ろぼこの眠ってる 合同墓地をみました

混雑していて 遠くから 眺めるだけに留まりましたが

心に ろぼこを浮かべ忍びました

お参りするご家族の多さに

どの子も愛されていたのだと

そして みんな一緒に いっぱいの仲間といるのだと

なんだか ホッとしました

 

ふと 光景が浮かびます

ろぼこは とってもマイペースな子で

ドッグランなどに連れていっても

ほかのわんちゃんに 動じることもなく

かといって 社交的でもなく

挨拶されるのも するのも嫌じゃないけど

わんちゃん同士で 駆け回ることもない子でした

怯えもしないし 吠えることもない

ひたすら 地面や空気のにおいをかいで

ふっと おかあさんを見ると 次の瞬間

もう おかあさんおかあさ~ん スタタタッεε=(((((ノ´•ᴥ•`)ノ

って おかあさんの膝に飛び乗る

そういう子でした

 

ろぼこは いつどういう時でも

おかあさんが どんなにダメな人であろうが

おかあさんが 大好きで

おかあさんが居ないことが 一番不安なことだった

おかあさんさえ 傍にいれば それが一番幸せだった

 

だから

みんなと 一緒にお墓に入っても

きっと ろぼこだけ 一番手前で 一番端っこで

こっちをジーッと見て

おかあさんを 待ってるんだろうな

おかあさんが どれだけ後悔をして

やり直せないことを嘆いていようが

ろぼこはただ いまも おかあさんを思って

ずっと 待ってる

おかあさんが

見捨てないことも おいてかないことも知ってるから

いまも ずっと待ってる

いつの日か

また 寄り添える時が来るのを知ってるから

ずっと ずっと 信じて待ってる

 

どんな都合のいい考えも 想像も 答えも

また 深い後悔や懺悔も

全て おかあさんの勝手な思い込みであることだと

わかっていても

それでも おかあさんが至らな過ぎたことも 事実

そして

ろぼこが おかあさん思いなことも 事実

 

あたしたちは

いつだって 二人っきりで 支え合ってきた

これからも 浮き沈みしながら

次に 再会して ギュッとし合えるまで

変わらず 思い合い支え合い 信じ合って

一緒のときを 進んでいこうね

 

・.。*・.。*・.。*・.。*・.。*・.。*

ろぼちゃんの 入れ物は なくなってしまった

だから 寂しいけど いまは お別れを...

おかあさん やっと諦めがついてきたよ

さよなら をゆう時が 来たんだねぇ

決して 離れ離れになるわけじゃない

ろぼちゃんの姿はなくても

おかあさんが ひとりで進めるよう

区切りをつけようって 思ったんだ

 

さよなら ろぼちゃん

 

・.。*・.。*・.。*・.。*・.。*・.。*

そして これからも...

ろぼこ

毎日 愛してるよぉ

(´。>ω)´•ᴥ•``)ギュッ♡