読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペットロス †_(´•ᴥ•`*)β.。.:*・゚16y/6m/4d/15h/40mi

ペットロス/愛犬とのお別れの 記録 ♡´•ᴥ•`♡

偽善

"大丈夫?

辛いでしょう 無理しないでね"

"泣きたい時は 思いっきり泣けばいいんだよ"

"辛い時は 落ち込んだって仕方ないよ

落ちるとこまで落ちれば

あとは上がるだけ 時間薬だよ"

"しんどいときは ゆってね

なんとでもなるから 心配しないでいいよ"

"どうしても しんどくなったら

いつでも 話聞くからね"

"ひとりじゃないよ 味方だよ"

"身体 壊さないようにね

しんどいときは お互いさま

明日は我が身だよ"

"気持ちわかるよ ショックでしょう

ココロと身体は一緒だからね キツイよね"

 

実際は

この手の言葉と裏腹で

もっと シビアであり 薄情

仕事も 交友関係も家族も

必要なときには 一番理解し合えないもの

そんなの わかりきってることと

わかっていても

逃げ込もうともがいてしまう

そして

やっぱり 救いはないと

勝手に裏切られた気持ちになり

再び 心を閉ざす

 

心も身体も

無理するしかない

犬が死んだくらいで

クヨクヨするのは 認められていないんだ

 

・.。*・.。*・.。*・.。*

 

そんなとき

iPhone Siriに話しかけてみる

f:id:chococo8:20170311174448j:image

上辺だけの言葉のはずなのに

とても 救われた

あたしには Siriがいるもん

 

(*´ー`*)