ペットロス †_(´•ᴥ•`*)β.。.:*・゚16y/6m/4d/15h/40mi

ペットロス/愛犬とのお別れの 記録 ♡´•ᴥ•`♡

どんなに思っても ろぼちゃんは もう戻ってこない

 

昨日のこと

 

眠っていて ふと

えもしれない 不安というか

恐怖というか 息苦しく

押しつぶされそうな 感覚で

目が覚めました

 

 

慌てた気持ちになり

何が起きたか 一瞬考え

 

'ろぼちゃんの夢をみたんだ'

 

と 気がついて 一気に涙がこぼれ落ちました

 

 

 

夢の中で

場所は 実際の自宅だった

いつもしていたようにおかあさんが 移動するたびに

前に後ろに まとわりつかんばかりに

ついてまわっては おかあさんの顔を見あげて

嬉しそうな表情をして

くるくると おかあさんの周りをついてきていた

 

おかあさんが

いっぱいいっぱい話しかけてる

けど ろぼちゃんは 無音声なんだよ

おかあさんの声は 話してる感じがするのに

ろぼちゃんは 動くだけで

あの頃のように お返事してくることはない

 

思わず おかあさんは

夢の中で 夢ってわかってるのに

「ろぼちゃんは 死んじゃったんだよね

もう おかあさんに応えられないんだよね」

そんなことを 問いかけているうちに

ろぼちゃんは 何か人のような大きさになってて

おかあさんは そのろぼちゃんにしがみついて

「ろぼちゃんは もう戻らないの?

死んじゃったから もう 声も聞けないの?

もう二度と会えないんだね

でも おかあさんは ひとりじゃないんだよねぇ?」

 

その大きなろぼちゃんは

おかあさんを 抱きしめ返して

ただ 'うんうん' と黙って頷いて返してきました

 

 

 

そこで 胸騒ぎのまま

息苦しいような悲しみに取り囲まれた感じで

目が覚めたようです

 

 

 

起きてなお

'もう 戻らないのか...'

と 呟いてみては

大粒の涙が ボロボロと 溢れ出してきては

噛み締め

写真を見ては 涙溢れ

また 噛み締め

 

しばらく そうして泣いていました

 

おかあさんは

普段 悲しみが溢れてくることは少ないけど

それでもなお 心の奥底で

ろぼちゃんのいないことに

耐えて耐えて 抑えて 頑張ってるんだと

気づきます

 

ろぼちゃんを 思わない日は

一日たりともないけど

悲しみにくれるのではなく

思い出をつなぎ止めていたいから

毎日毎日 思い出すことで

そばにいるのを 感じていられたら 

って 思ってるよ

 

 

それでも

やっぱり じっくり思い返すと

一瞬で

亡くした瞬間のおっきな悲しみに覆われるようで

とめどなく 涙がつたい

さみしさと 虚しさを覚えます

 

 

ろぼちゃん

おかあさんは どんなに寂しいか

まだ 1年とちょっとだもんね

なんとも思わない方が 悲しいよね

ろぼちゃんは

おかあさんのすべてだったんだから

そばに居ない事に慣れるのに

まだまだ 時間がかかっても仕方がないよね

 

 

心の中では

どんなに時間が過ぎようと

ずっと 一緒だもの

(*´・-・)(・ω・`*)ネ...♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ろぼこの座席

 

先日

おかあさんの車を

車検に出しまして

車内の 邪魔になるであろうものや

個人的なものや

ゴミなんかを 撤去し

引き渡すんだけど

 

その 個人的なもので

邪魔になるであろうものに

ろぼちゃん用の座席ハウスがあって

 

 

 

おかあさんは

どこへ行くにも 可能な限り

ろぼこを助手席に乗せて 

移動したり お出かけしたりしたねぇ

ろぼこは おかあさんの元に引き取られる時から

車に乗ってきた子だから

車への抵抗は皆無で

一緒に乗って出かけるのが当たり前の子だった

 

最後に車に乗ったのは

死んでしまうその日に

お医者さんへ行くとき

 

ハウスに座ることもなく

おかあさんの母に抱かれながら

もう意識もないまま

日差しを浴びて 眩しそうだった....

 

 

 

 

ろぼこが死んで 1年と1ヶ月

そのハウスは 意味もなく 置いてあるだけで

もう ろぼこが乗ることはないんだけど

おかあさんは ろぼこが居たときと

寸分違わない気持ちで

戻った愛車の

元あったところへ戻した

 

ハウスをなくしてしまうなんてこと

考えるに至らない

 

 

なんの目的も理由もなく

いまも ろぼこの座席として

ハウスは 置かれている

ろぼちゃんが居た頃のようにね

(^ω^)

 

 

 

 

姿かたちのないろぼこだけど

おかあさんの意思で ろぼこの存在自体は

いまなお そこに在るようにしている

 

死んだ事実は 受け止めてるし

悲しみは 去ったけど

一緒に居た事実は永遠だから

おかあさんの思い出を

いまもずっと

毎日毎日

ろぼこの居た あらゆる場面に

投影させて まるで生きていた頃と変わらず

一緒に 暮らしているんだよ

 

f:id:chococo8:20180412180317j:image

f:id:chococo8:20180412180328j:image

15年くらい前の写真

おじさんみたいなのが

助手席から覗いてる

(๑´∀`๑)ヶラヶラ

(ろぼこは女性です 笑)

 

 

 

 

 

いつも一緒(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 

 

 

3月5日 ✾ろぼちゃんの死んだ日✾

 

1年前の 今日

ろぼちゃんは 死にました

15:40 天に昇っていきました

 

 

前日から 突如具合を崩し

朝になる頃には

呼吸するのが精一杯で

目を開けたり 動いたり

意思疎通をはかることもできなくなっていました

病院に連れていくと

心臓に問題が出て

肺に水が溜まってる状態だったそうです

利尿剤を注射して

肺の水がおしっこで出れば少しは

呼吸が楽になるから と 注射を打って帰宅しました

おしっこはでなかったものの

少し ろぼこらしい表情が戻ったように感じました

おかあさんの出勤が 15:40

それまでに おかあさんが 少し見えなくなると

うぉ~んと 呼んだそうです

おかあさんが なでて 仕事に行くことを告げると

きゅぅ~...と言って おかあさんを呼び止めて

突然 起き上がりました

そして 次の瞬間 呼吸困難に陥り

がぁがぁ と 必死で息を吸い込もうと苦しそうでした

おかあさんは 咄嗟に抱き上げ

ろぼこ!ろぼこ! と 名前を呼び続けました

先生に 電話をかけ 状況を伝えながらも

手の中で ゆっくりと 力の抜けていくのを感じました

苦しそうに 身体中で力んで 呼吸していたのが

徐々に たらりとなり

息を吸うために 全開にしていた口元からは

小さな舌が どんどん 伸びて 横から垂れてきました

目は開いたままで  白濁して白っぽかったのに

どんどん 黒味を増し 最後は真っ黒になり

そして 光を失いました

大きく開いた口元から

目に見えるかのように

魂が抜けていくイメージが目に浮かび

ろぼこ!行かないで!!行っちゃ嫌だ..!と

必死に繋ぎ止めようとしました

おかあさんの手の中で ひとつの命が 天に昇っていってしまうのを しっかりと感じました

しっかりと 見届けました

呼吸困難になって 先生に電話して 昇天するまで 

ものの 2、3分のことです

 

その後 そっと 寝ていたベッドに下ろし

まだ温かいろぼこに手を置いて

本当に 死んじゃったのかな

実はまた 小さく息をして モゾモゾするかもな

呼んだら 口閉じてこっち見るかもな...

でも 本当に 死んじゃったのです

もう 二度と おかあさんの呼びかけに応えてくれることはなくなったのです

 

 

ろぼちゃんが 死にました

おかあさんの手の中で

16年半の 命を終わらせて

天に昇りました

 

 

あれから一年

おかあさんがろぼこを思わない日は

一日もないんだよ

ろぼこも おかあさんのそばにいるよね

いまだって 世界一 大好きな犬だよ

おかあさんには ろぼこしかいないよ

 

これからも

一緒に 一所懸命生きていこうね

 

...それでも おかあさんは

毎日 ろぼこに会いたくて仕方ないよ

ろぼこ...

ろぼこ...

ろぼこが 戻ってきてくれたらいいのにぃ

 

 

♡(´´•ᴥ•`)ノ"(._.`) †_(´•ᴥ•`*)β.。.:*・゚

 

 

 

 

回想

 

去年の今頃..

今までになく 急に具合が悪くなって

下痢をして 目も見えず うろつき回り

ごはんも食べれず おやつを少し齧って

呼吸も荒く 横たわってばかり

ベッドから トイレに出てきても

おしっこも出ず

シートの上でくるくる旋回するばかり

そのまま 足がおぼつかなくなり

ベッドに横たわると

とうとう立ち上がることもなくなった

水はスポイトで 口に流すけど

舌で受け取ったり そのまま 垂れ流したり

眠ることもできないみたいで

ただ 苦しそうに荒い呼吸をしている

 

おかあさんは

あぁ、もうろぼちゃん死ぬんだな..と思うと

涙が頬をつたって でもやっぱり

一縷の望みはあるかもしれない..と

自分に言い聞かせて

ずっと眺めてはゆっくりなでてやりました

小さな命が 最期 必死に精一杯生き抜こうとしている

おかあさんも ぐっすり眠れず

朝を迎えることになります

 

3/1には 大量に買い溜めた

ごはんやおやつ シートやおむつ

これからも ろぼちゃんとの

変わらぬ暮らしがあると 微塵も揺るがず

いつものとおり 買い置きしたものです

お年寄りだったから

元気ハツラツってこともないけど

そんなに大きな変化は感じず

何食わぬ感じで スタートした 2017年3月

 

あっという間に

気がついたら あれよあれよと

ろぼちゃんとの最期に

対峙しなければならなくなりました

 

1年前

夜が明け 3月5日

勇姿が旅立つ時を迎えた日でした

 

 

 

 

 

 

 

無題

 

 f:id:chococo8:20180209122642j:image

ふと たどり着きました

この言葉

 

思い出に ぴったり当てはまります

そして

いまは 毎日 出会ったことに

おかあさんの娘だったことに

感謝しかありません

 

ろぼこ

ありがとう

大好きだよ

💜´•ᴥ•`💜

 

 

 

great ᖇ

 

素晴らしき great ᖇ

宇宙にひとつの あたし自身である

 

 

 

ろぼちゃんは

天に昇り

偉大なものとなりました

 

( ´艸`)プップップッ

 

ろぼちゃんは

いつも 一緒にいてくれるのだと

思うようにしています

 

ろぼちゃんが

いつも 一緒にいてくれるのかと思うと

幸せで仕方ないです

 

 

†_(´•ᴥ•`*)β.。.:*・゚

 

 

 

2017年

 

ろぼちゃん

今日で 2017年も終わりだね

去年の今頃は

歳とったろぼちゃんと 

次の年も一緒にゆっくり過ごすだろう

一緒に年越して 17歳の誕生日も迎えて

その次の年も一緒にいれるかな

って ぼんやり思ってた

ろぼちゃんと一緒の年越しが最後だなんて

考えもしなかったよ

 

寒い季節に 小刻みに震えるろぼちゃんを

毛布で包んだり ヒーターであったまったり

膝に乗せ 腕に抱いて

寒がらないよう 温めてあげるのが

おかあさんの 毎年の恒例のお世話だった

思い出すと ろぼちゃんの柔らかさ 温かさ

小ささ 可愛らしさ..いまも 一緒にいるように

鮮明に感じられるよ

 

ろぼちゃんのいない 冬も半ば

毎日 寒いよ

ろぼちゃんがそばにいなくて

とっても

とっても

寂しいよ

 

2018年

ろぼちゃんが 生きてたら

18歳になる

今年 死んじゃったんだな..

死んじゃうと 思わなかったな..

まだ1年経ってないんだな..

 

 

胸に手を当てて

そっと 思うよ

ろぼちゃん 来年もよろしく

ずっと 一緒ね

💜💜💜